カナダ剣道選手権と女子候補選手の稽古

先日7月2日にカナダ剣道選手権が行われ、女子は上位2名が世界選手権への切符を手に入れることができることもあってか緊張感ある中で試合が展開されました。3位に入られた2名の選手はベテラン選手で今回のチームカナダ候補選手に入られていない方々でした。若い選手にはさらなるレベルアップが望まれる課題の残る大会となりました。7月3日はチームカナダ女子候補選手を9名に絞る試合と稽古でしたが、試合そして稽古も非常に気合いの入った選手が多くおり、内容あるものとなりました。

広告

剣道世界選手権カナダ女子コーチに就任

先日2月28日にイタリアで開催される剣道の世界選手権チームカナダの首脳陣が発表されました。私は女子のコーチを任されました。チームが優勝できるよう頑張ってチーム作りをしていきたいと思います。日本では監督がこちらで言うマネージャーになると思います。日本では監督がチームの指揮をとり、チーム作りをしていくと思いますが、こちらではコーチが指揮を取りチーム作りをしていくようです。日本とは異なるシステムと初めてのことなので戸惑いもありますが、良い経験であると前向きに考えて進めて行こうと思います。皆様のご声援、アドバイス、ご指導をお願いいたします。

スティーブストン剣道大会

2月19日にリッチモンド市のスティーブストンで剣道大会が行われました。バンクーバー空港より非常に近い位置にスティーブストンがあり、日本からの漁民移住者が最初に入ってこられた土地でもあります。ここでは昔から剣道が行われており、大会も今年で第49回目を迎えられ、来年は50回記念大会だそうです。非常に伝統のある大会で北米では個人道場が主催する大会としては最大規模であるといわれております。益々の発展を祈念しております。さて私の指導しているビクトリア大学剣道部は2名が3位に入る健闘を見せました。子供も2位が1名、3位が1名と頑張りました。

Team BC

先週の土曜日に剣道を教えている16歳の子を連れて、バンクーバーのリッチモンド市にあるスティーブストンまでTeam BCの稽古に参加してきました。15歳くらいから20歳前半の剣士約8名が参加しておりました。私の指導している16歳の剣士もチームに入れていただくため出向いたのですが、私も地稽古の元立ちとして参加させていただきました。まだまだ皆伸びる可能性を持っており、今後も稽古に励み将来のチームカナダメンバーとして世界選手権等で活躍していただきたいものです。

メディアの影響

ビクトリア大学の剣道コースに申し込みをしてくる人が増えてきました。なぜかと考えました。実は一昨年より毎年9月にビクトリアで剣道を広められたテッド・デイビス氏を追悼するメモリアルセミナーを行っており、日本から剣道を指導してくださる講師を招聘しております。昨年は地元のテレビ局が取材に訪れセミナーの模様が紹介されました。その影響が非常に大きいようです。その模様をYou tubeで見ることができます。以下の画像をクリックしてご覧ください。

ビクトリア大学剣道コース

1月から剣道コースが始りました。現在は経験者、有級者、有段者合わせて42名の受講生が申し込みをし、活気ある稽古が行われております。

北米でも大きな大会の1つであるSteveston大会が近いこともあり、試合稽古中心で防具をつけている受講生にはピリピリとした緊張感が伝わってきます。

9月から受講している約14名は大変熱心で彼らの上達が非常に楽しみです。中にはもうすぐ防具をつけることができる受講生もおります。過去には防具をつけた後に剣道をやめてしまった人が多くいます。防具をつけても止めずに続けてほしいと思います。

全日本剣道連盟 剣道七段に昇段

2010年11月に剣道七段に昇段させていただくことができました。これもひとえに皆様方からのご指導、ご支援のおかげであると深く感謝しております。今後もなおいっそう剣道に精進し努力いたす所存でございます。変わらぬご指導、ご支援のほどお願い申し上げます。