第15回世界剣道選手権大会が5月25日から27日までの3日間イタリアミラノ近郊のノバラ市で開催されました。私はチームカナダ女子の監督として参加し、女子の試合は2日目の26日に個人戦、団体戦の全ての試合が行われました。結果は個人戦で1名がベスト16位、もう1名が32位で、他の2名は予選リーグ敗退でした。団体戦は予選リーグで中国、オランダ、マレーシアと対戦し、危なげない試合運びで1位通過し、決勝トーナメント1回戦はポーランドと対戦、これも危なげなく勝ちました。しかしながら続く準々決勝で日本と対戦し、完敗しました。選手はこの1年間よく頑張り稽古をしてきただけに涙を流して悔しがっていました。私も今回世界選手権に初めて参加し日本と対戦してみて、何が違い何がこれからのカナダ選手に必要なのかを勉強させていただきました。次回大会は東京の日本武道館です。私が新たに監督としてチームを引っ張るかは不明ですが、カナダチームを応援していきたいと思います。皆様のご声援ありがとうございました。これからもカナダチームへのご声援よろしくお願い致します。

広告